2020年12月27日

アフィリエイト広告はAMPに対応しているのだろうか?

年末年始はアクセス数が少なくなるため、この期間はコンテンツの作成を中断してウェブのお勉強の時間に充てています。

今年の宿題は「AMP対応」なのですが、先ほどから開始したものの、イマイチ判然としない部分が多々出てきました。

当初のイメージとしては、今では既に廃止されてしまったガラケー用の携帯サイトみたいなもんだろうとタカをくくっていたのですが、果たしてこのまま進めてしまってもよいのだろうかという不安があります。

一旦、サイトをAMPに対応してしまうとインデックスが元に戻せないのではないかという印象がありますし、そもそもアフィリエイト広告が対応していないと収益も減少してしまいます。

また、最初に出てくるイナズママーク「いなずま」ですが、昔ながらのHTMLに慣れているぼくから見ると、絵文字でHTMLを記述してしまってもいいんだろうか?という素朴な疑問もあります。そもそもW3CにはAMPを説明している記述はなく、ウェブ標準という面から見ても疑問があります。

その辺りの不安を抱えつつも、AMP化に取り組んでいるのですが、エーハチネットのヘルプページには以下のような記述がありました。

「※AMP対応のリンクは、【バナー広告】のみとなっています。」


これはおそらく、AMPページでのimgタグが特殊だからだろうと思いますが、通常版の広告の場合、アクセス計測のための画像があるため、画像タグの関係でそのまま掲載してもダメなのだろうと感じています。

アドセンスでは対応してはいるようなのですが、AMPで収益が増えた、減ったの情報があまりありません。

そのため、とりあえずは収益化していないサイトで様子を見てみる予定でいますが、結果についてはいずれまた当ブログで記事にする予定でいます。

at 13:40 | この記事のURL