2011年12月11日

ハードルを下げた方がアフィリエイトしやすい

購入率の高いブログにするには、最低限、"訪問者が求めているものが何なのか"を詳細に知っておく必要があります。ただ、それを知っているだけで成果に結びつくというわけでもありません。

その商品についての知識が一番あるのは、それを販売しているサイトということになるわけですが、たまに、コムズカシイ内容であったりすると、最後まで読むのが苦痛で他のサイトに移動してしまうということになるわけです。
また、その販売サイトから購入するのに不安がある場合は、ほかのサイトの情報などでの口コミをチェックしてみようという感じになるわけです。

知識や情報が豊富だからといって、必ずしも有用なサイトであるとは限らないわけです。

アフィリエイトサイトの役割というのは、そういう販売サイトでは提供できない情報を補完する点に重要な役割があるのだろうと考えております。
なので、その商品なりサービスなりについての知識を知っているのは最低限は必要ではありますが、それプラス、訪問者が何を求めているのかについて正確にわかっていなくてはいけないことになります。

このあたりは検索キーワードやページビューなどから推測するよりほかないわけですが、おおまかな傾向でいうと、たいていの人はそれほど詳しい情報を必要としているわけではなく、たいていはどこで購入できるのかとか、安心して購入できるのかとか、初歩的な内容であるケースが多いものです。

そのような情報は、検索すれば数秒で情報がヒットするわけですが、一般的にいえば、たいていの訪問者はそれほど"ネットリテラシー"がないというケースが多いように感じております。

たとえば、そのあたりのおじさんやおばさんは、アマゾンや楽天なんかは知っているかもしれませんが、ブラウザやhtmlが何を意味しているのかは知らない人がほとんどだろうと思うわけです。

何げなく、私たしは何気なくseoがどうのという言葉を使ったりしているわけですが、必ずしも世間一般の人がそれらの知識をもっているわけではないという前提のもとでアフィリエイトしなくてはいけないわけです。

個人的な印象でいえば、かなりハードルを下げた方が、ご紹介している商品が売れるというケースが多いように思うのです。