2013年01月26日

アフィリエイトの税金は気持ちよく払いましょう。

アフィリエイトも確定申告の時期が近づいてきましたが、私は節税などは特にやっているわけではなく、素直にそのまま申告しております。ニュートラルというか、つまり、特に節税はせず、かといって進んで多くの税金を納める気もなく、ありのままの納税をしているわけです。

税金というのは、やはり国家と地方が必要としているものですから、日本に生まれ、この土地に育てられた以上、その恩に報いる義務があると思うのです。その点、この恩に報いる数少ない機会が納税というわけですので、生まれた国と地方に感謝しながら税金を納めるのが一番、精神的にもしっくりいくものと思うわけです。

担税力というのは、ある意味、国や地方を支えていくという意味になるわけですから、そのような役割と高額納税者という立場をいただいた以上、精一杯、そのお勤めを果たしていくのが人としてのあるべき姿かと思うのです。

日本には八百万の神様がいるといわれておりますが、もし、私がその神様のひとりでしたら、いやいや納税しているような人はあまり好ましく感じないです。逆に、文句もいわずに、高額な税金をたんたんと納めている人は、ちょっと力をかしてあげようかなという気にもなるはずです。

そのような意味で、どうせ払わなくてはいけない税金なら、気持ちよくお支払いすることにしているわけなのです。