2013年02月21日

アクセス解析と検索順位を把握することの重圧

サイト運営の期間が長くなってきますと、アクセス解析や検索順位について確認するのが苦痛になってくることがあるわけです。これは非常にストレスがたまる傾向にあり、下がった場合には何らかの対応を考えなくてはいけないわけですし、かといって対応したあとに、裏目に出ることもあり、結局は何もしない方がよかったというケースも多々ございます。

長い目で見ますと、コンテンツを充実させることだけに集中し、アクセス解析や検索順位についてはスルーしておくのが最良ともいえるかもしれません。

ただ、検索キーワードのチェックはやはり必要です。どのキーワードでどのくらいのアクセスの流入があるのか、あるいはあらたな収益源となりうるキーワードは何かをチェックしておくことは基本的なこのなので避けることができません。

検索順位やアクセス数の把握のストレスに向き合うことは苦しいことではありますが、この点を避けて通るわけにはいかないわけです。

そのようなわけで、メンタル的な部分を取り除くことが重要になってくるわけですが、既存のサイト収入をすべて捨て去るぐらいの気持ちで取り組むと気持ちも楽になります。100万、200万の収益が毎月発生していますと、それを守る方向で考えてしまうわけですが、その先にある数千万の収益を目指した方が、結果的には収益も安泰していくものでしょう。

坂道は上り続けなくてはならず、立ち止まっていては転げ落ちていくだけです。その点、アフィリエイト収入というのは、何もしないでの不労所得という意味合いからはかけ離れているといわざるを得ません。

at 06:45 | この記事のURL