2015年11月11日

また1からやり直し…。

3年ほど前にアフィで法人化いたしまして、その後はだらだらとサイト運営をしてきたのですが、最近はまたチャレンジしてみたいと考えるようになってきました。

法人化しますと、ついつい自分の給与額だけに視点がいってしまいがちになります。毎月の給与と社会保険を払って、あとはちょっと黒字になるぐらい稼げればそれでいいみたいな感覚になってしまい、自分のすべてを出し切るという状態にはなかなかなれないものです。

この原因は役員報酬の定期同額というシステムが諸悪の根源と考えてますが、仮に今月、アフィで200万円稼げたとしても、自分の給与額は1年間同じ金額にしなくてはならないため、それを実際に手にするには
翌期の決算後に自分の報酬額を上げるというプロセスを経なくてはいけません。

となると、今月がんばってたくさん稼いだとしても、それを実際に手にするには、1年〜2年がかりで回収しなくてはいけなくなります。とても気の長い話になってしまいますので、次第にモチベーションが低下してしまい、いわば不完全燃焼の状態になってしまうわけです。

そんなにがんばっても仕方ないから、毎月の自分の給与分だけ稼いで、あとは遊んでいようみたいな感覚になってしまい、本来のポテンシャルを100%発揮することができなくなってしまうわけです。

この点でいえば、どちらかというと個人事業の方がモチベーションを保ちやすいのかもしれません。

けれども、最近、気がついたのですが、役員貸付金で会社からお金を借りる形にすれば、その月に稼いだお金でも自由に使えることができるようなのです。もちろん、いずれは会社に返済する必要がありますが、黒田バズーカーで市中にお金がじゃぶじゃぶ状態になっている昨今、貸付利息も低金利で気持ち程度とればよい状態になってきていますので、借金の形で会社からお金を引き出すことができます。

この点に気づいてからというもの、もっと稼ごうというモチベーションが徐々に回復してきまして、先月から本腰を入れてアフィに取り組みはじめております。ほんの数文字程度の、知っているかいないかの違いで大きく違ってくる知識というのがあり、ボクの場合はこの「役員貸付金」という5文字だったのですが、もっとはやくに知っておけばよかったなという気もちです。

もし、同じように法人化でやる気がなくなっちゃった人は、貸付金などを利用して会社からお金を引き出すとよいかもしれませんね?